大手の学習塾とは

大手の定義があるわけではない

大手の学習塾は規模が大きいという印象を受けている人が多いでしょう。ただ、実際には大手かそうでないかが明確に定義されているわけではありません。一般的な見解としては特定の地域だけでなく、全国クラスで展開している塾を指しますが、特定の都道府県でたくさんの塾を持っているケースでも大手と呼ぶこともあります。基本的には一つや二つということはなく、数十以上もの教室が用意されています。また、申し込むことがえきるコースも豊富なことが多く、受験対策や授業のフォローだけしか対応しないわけではありません。夏期講習や冬期講習などの他、模擬試験なども実施していることがあり、多角的な学習サービスを提供している傾向があります。

授業の水準が高いのが特徴

大手の学習塾はただ規模が大きいだけでなく、どの教室で授業を受けたとしても水準の高い指導を受けられるようにすることを目指しているのが特徴です。指導のためのシラバスを作成し、それぞれの授業について指導要領を用意して講師に指導に当たらせているのが一般的です。このようにすることで全国的に良い授業が受けられるという定評がある塾になり、知名度を高めて、また新しい生徒に入ってもらえるようにしています。そのため、誰もが納得する水準の授業になるように工夫をしていることも多く、それが独自性を生むポイントになっています。ある特定の生徒だけが満足できるようなニッチのサービスをしていることはあまりないので注意しましょう。