個別指導のメリット・デメリット

マイペースな子は一気に伸びる

集団指導塾や学校の授業のような場だと教師の授業スピードに合わせなければいけないため、マイペースな子供だとついていけない事も多いですが、個別指導塾は生徒のペースに合わせて授業が進行するため子供にとって最適な学習速度で学ぶことができます。特に集団学習の場で授業についていけなくなった場合、学習意欲そのものが無くなってしまう危険性が高いですが、個別指導塾なら子供を置いて授業だけが先行することは無いので安心できます。 マンツーマンなら周囲の生徒に遠慮して質問を控えるような、おとなしい子でも知りたいことをすぐに講師に聞くことができますし、どんどん疑問点を聞くことが出来る環境が子供の知識欲を育ててくれるため、勉強に対する苦手意識が抜けやすいのも個別指導塾のメリットと言えます。

費用が高くついてしまう

本来十数人を受け持つ講師を専有して行うマンツーマン指導なので、個別指導塾は集団指導塾と比べると費用が割高になってしまうデメリットがあります。またどんな子供にも適した学習方法というわけではなく、誰かと競うことでやる気を出す子供の場合はかえって成績が落ちてしまうこともあるため、子供の性格をよく見極めて選択する必要があるでしょう。競争相手や同期がいないと自分の序列を把握することが難しいのもあり、自分がどのくらい学力が上がっているのかを実感しにくいのも、子供の性格によっては悪影響がある場合があります。 個別指導塾は子供に合わせて学習スタイルや授業内容を臨機応変に変えることで学習効率を上げることができますが、そのせいで一定の学習習慣というものが身につきにくく、自習する力が落ちてしまうデメリットもあります。